カテゴリー「花」の245件の記事

あけまして おめでとうございます

明けまして おめでとうございます

新春を迎え 皆々様のご健康とご多幸をお祈り致します

昨年中は 私のブログに遊びに来ていただき
コメントを寄せていただき ありがとうございました。
皆様の温かいコメントには 大変励まされ
泣きたくなった時にも ここでくじけてどうする!という
頑張る気持ちを 奮い立たせていただきました。
今年は去年よりも もっと大きな試練が押し寄せてくるかもしれませんが なんとか踏ん張って頑張って行きたいと思っています。
本年も どうかよろしくお願い致します。

Dsc006481 皆様 ご家族揃って明るい楽しいお正月をお迎えのことと思います。
ワタシσ(゜-^*)は、今年は自宅で久しぶりに 家族水入らずのお正月となりました。
結婚してから実家に行かずに 家族だけで過ごすのは 今回が3回目ですが 東京はお天気にも恵まれ、穏やかな気持ちの良い元日になりました。

お天気が良かったので 午後から主人と近所の神社に最後の神頼みに行って来ました (^。^;;
そそ!ここまで来たら最後は神様にお願いするしかありません!
息子の合格を しっかりお願いしてきたんです。
なのに、本人は「後で一人で行くから・・・」なんて言っちゃって!
結局、今日はダラダラ過ごし、明日行くことにしたそうです、、、(ノ_-;)ハア…
もう神様におすがりするしかないのにぃ~ヾ(´ε`;)ゝ ハァ。。。

Dsc006492 そしたら、年末に忘年会をした仲間に ばったり会いました。
やっぱり 最後の神頼みに来たんだって! 
初大笑いでした~(〃^∇^)o彡☆あははははっ

Dsc006503 通りすがりに もう紅梅が咲いていました。
2008年、最初の写真は 梅の花となりました。

年末、私は、25日に年内にもう一度、両親の様子をみに実家に行って来ました。
二人とも相変わらすでしたが一人で 高齢の、しかも病気を抱えている親の元を訪れることに 私はいつもとても緊張してしまって、実家から帰ってくると 必ずと言って良いほど具合が悪くなってしまいます。
私がいる間に (親に何かあったら どうしよう・・・(*-゛-)シンパイダナァ・・・)と考えてしまうんですよね。で、何もなくてホッとしたとたんに ドッと疲れが出てしまって 今回も29日に久しぶりに大熱(38度5分)を出して寝込んでしまいました。
熱は次の日には平熱まで下がりましたが 急に高い熱が出たので関節や腰が痛くなってしまい、予防接種は受けていたものの、一瞬インフルエンザか?('〇';)グェッと・・・青くなりました。30日は念のため、1日しっかり休んで お正月の準備は31日に簡単にすませ、どうにか新年を迎えられました。

Dsc006514 私にとって とてもいろいろあった2007年は どうにか終わりました。
2008年はワタシσ(゜-^*)にとってどんな年になるのかな?
ちょっと心配の多い年になりそうな予感がありますが(滝汗 ( ̄_ ̄ i) )
皆さんにとって穏やかな 
明るい年になってくれるといいなぁ・・・と心から思っています。

どうぞ 皆様にとって 良い一年になりますように・・・ (*^^)v 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

こんにちは~f(´-`;)ポリポリ

すっかりサボリ癖がついてしまった るびいです(^。^;;

更新をサボり始めてしまうと 
思いっきり億劫なってしまうもので
気がついたら 12月も半ばどころか
今年もあとわずかというところまで来てしまいました。。。。(^^ゞ

Dsc006121 ヒマラヤザクラは 順調に開花が進んでいます。
2種類あるようなのですが 
Dsc006152 Dsc006173 先日載せたほうは もうだいぶ咲き始め もう1つの枝垂れっぽいほうも 陽に当たっているところは、咲き出しています。

私のブログ更新状況は まだつぼみ状態で
養分を蓄えているというか、
冬眠中って感じですかね~∵・゚ゞ(゜ε゜o)ぶっ
ほころび始めるまで 気まぐれ更新で行きたいと思います。
長い目で見ててくださいね~y(^ヮ^;)y

Dsc006302 コチラは枝垂れっぽいほうです。
高いところで 桜とユリノキが 何やらヒソヒソ話をしているようですね! ♪(⌒・⌒*)β

Dsc006231_2 12月も 押しつまってきましたね。
皆様、風邪などお召しになりませんように ご自愛ください。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

サクラ!ほころぶ!

Dsc006001 昨日、バイト先で桜の蕾がほころびかけているのを見つけました。
去年この桜が開き始めたのは、12月に入ってからでしたから やっぱり今年は、ずいぶん暖かいのですね。

Dsc005992 来週からは、ヒマラヤザクラの開花の様子を
写真に撮れるかな~(^・^*)と楽しみにしています。

去年のヒマラヤザクラのアルバムは コチラ!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

半纏に真珠

Dsc005431 去年の同じ時期にはまだまだ色づいていなかったバイト先の大きなユリノキも 今年は綺麗に色づいています。
Dsc005452 空を見上げると いろんな色の半纏が青い空をバックに お祭りのように飛び回っているようです。そうそう、、、ユリノキの別名は 半纏木(ハンテンボク)・・・。
なるほどなぁ~って思いました。

Dsc005311 入り口を入ったところにある、メタセコイアの下には、真っ白い白玉のようなフッキソウの実が付き始めていました。
Dsc005322 良く見るとまん丸じゃなくて ちっちゃな角があるんですよね。
ウーパールーパーの顔みたい。。。(ノ∀`) アハハh
Dsc005333 こちらは、花芽かな?
フッキソウは草本のようですが ツゲ科の木なんだそうですよ~。

上を見上げると 炎のような紅葉、
下をふと見ると真珠のあわのようなフッキソウの実・・・。

秋も深まって 木枯らしの吹く寒い冬がもうすぐやってくるんですね~ ('-'*)

ユリノキの花とフッキソウの花は・・・。

続きを読む "半纏に真珠"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ツワブキと 瀕死の蝶

Dsc005162_2 鮮やかな黄色がこの時季美しいツワブキの花。。。

Dsc005151_2 ひらひら舞っているチョウを見かけたので 近寄ってみると 羽が傷んでいて とても可愛そうでした。

ツマグロヒョウモンの雌ですね。

Dsc005183 コチラはヤマトシジミかな?

やっぱり羽が傷んでいます。

ずいぶん頑張ってきたんだね。。。お疲れさまです。

みんな、ツワブキの花に
元気をもらいに来てるのかもね・・・('-'*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ちょっとごめんね、、(^-^; モクゲンジ

Dscf81601 9月の半ばに こんな変わった花が咲いているのを見かけました。逆光で しかも高いところに咲いていたので分かりにくいですが黄色い小さな花で真ん中が赤くて 初めて見たお花でした。

Dsc002982_2 10月にはいって同じ場所を通りかかると なにやら変わったものがぶら下がっていました。
あの花の実!? 
あの小さな花と大きなこの実。。。
イメージが違いすぎると思うんですけど・・・。
Dsc002993 3枚の葉っぱが合わさったように重なって
下から覗くと何か種のようなものが見えていて どうしても中が見たくなって いけない事とは思いましたが1つだけ拝借してきちゃいました。。。。(^。^;;ス、スイマセ~ン

Dsc003034 で、1つはこんな感じ・・・。1枚の大きさ(長さ)は6センチ弱あります。
(‾◡◝✾)ネ!皆さんも中が見てみたくないですか?ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ

Dsc003016 1枚をちょっとめくってみると こんな感じに若い種のようなものが付いていました。のりしろのような?、マチのような?ものがついていますね。

Dsc003025 下からめくってみると 3枚の葉っぱのようなものがくっついていて出来たそれぞれの部屋に1つずつ種のようなものが付いているようです。(調べてみると 1つずつとは限らないようです。)

Dsc003057 広げてみるとこんなふうになっていました。

Dsc003128 でもこの葉っぱの様なものは葉っぱじゃないみたい・・・。
葉っぱは 青々としてこんな感じでした。
ギザギザがあって 面白い付き方をしています。

この変わった実のなる木、、、。とても気になって調べてみました。

ムクロジ科のモクゲンジか、オオモクゲンジ(フクロミモクゲンジだと思うのですが  実の形や花の咲く時期、葉のギザギザなどから ちょっと同定に迷っています。 

これらはともに落葉高木で、葉は羽状複葉ですが、モクゲンジの小葉は3~7対で、へりに粗い鋸歯があり、オオモクゲンジ(フクロミモクゲンジ)の小葉のへりには鋸歯がありません。モクゲンジの花期は7~8月頃、オオモクゲンジは9月頃で、小さな多数の黄金色の花は目薬や黄色染料に利用されます。果実はどちらも風船のように膨らみ、モクゲンジは10月頃褐色に、オオモクゲンジは10~11月頃、淡紅色に各々熟すと3裂します。

モクゲンジは葉がセンダンに似ているため「センダンバノボダイジュ」ともいわれ、和名は科名ムクロジの漢名「木患子」の音に由来するといわれています。
モクゲンジは、朝鮮・中国に広く分布し、中国への留学僧によって日本に持ち帰られたといわれており、日本では寺院によく植えられています。種子は堅くきれいな球形で、数珠玉にし、説話では釈迦がこの実を百八個つないで環を作り、常に肌身離さず百万遍念ずれば人間の持つ百八の煩悩を断ち切ることができると、修行の教えを請う小国の王へ、その数珠を授けたと伝えられています。
                  木の向くままに No.6   より

Dsc005139 そして先日、実が落ちてないかなぁ・・・と行ってみると 実の付いたままの細い枝が折れて落ちていました。
Dsc0051210 中を覗いてみると 1つだけ黒くなった実が付いているのがありました。マチのようなものもカラカラに乾いて残っています。
ピカピカに輝く綺麗な真っ黒い実。。。7mmくらいの大きさです。
これで数珠を作ったのかなぁ・・・。

Dsc0051412 フクロに触れると はらはらと散り落ちてしまいそうな儚げな感じ・・・。
とても雰囲気のある、素敵な枯れ方だと思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

マユハケオモト

Dsc004971_2 先日近所のお宅の前で こんな変わったお花を見つけました。
シベだけの花?( ̄o ̄??)…  
何だろうと思って調べてみると マユハケオモトという名前のようです。
漢字で書くと 眉刷毛万年青 と書いて 眉刷毛に似ているからついた名前なのだそうです。

だけど眉刷毛ってナニ? (; ̄ー ̄)...ン?

眉刷け(まゆはけ)は お化粧をする時に眉毛などについた白い粉を払うためのハケなんだそうです。
なるほどねぇ・・・。しっかりきちんとお化粧する人は
そういったお化粧道具を使っているのかァ~と思いました。
私なんてチョチョイノ、チョイですから・・・(^^;ゞ

Dsc004982 マユハケオモト(眉刷毛万年青)  ヒガンバナ科 ハエマンサス属
南アフリカ(主に中部地域及びNamaqualand西部)原産の球根植物で 日本には明治時代に観賞用として導入されたということです。
ハエマンサスという名でも流通しているそうです。
球根状の鱗茎があり、高さは20センチほどになります。葉は厚くて多肉質です。9月から11月ごろ、花茎を伸ばして「眉刷毛」に似た白い花を咲かせます。

先端が黄色いのが雄しべ、割れているのは雌しべだそうです。

学名は Haemanthus albiflos
英名は White blood lily.  Royal paint bush. Shaving brush plant

明治のご婦人達は、眉刷毛を使って優雅にお化粧していたのかなぁ・・・('-'*) とちょっと昔に思いを馳せ、 
眉刷毛(マユハケ)に興味が沸いて調べてみたら 面白いHPを見つけました。

江戸時代のお化粧事情のようですが
ココに出てくる「花の露」と「美艶仙女香」、
大評判だったようですね!

「花の露」、ワタシσ(゜-^*)も使ってみたいなぁ~.。゜+.(´▽`)。+.゜+・

| | コメント (15) | トラックバック (0)

サザンカ

Dsc003421 一週間くらい前から サザンカが咲き始めています。

Dsc003432

Dsc003933 別の木では、実の生っているのもあります。
カメムシが しっかりはり付いていました。
後ろ足を上げているのかと思ったら 
実のお尻についているお髭でした (´,_ゝ`)プッ

Dsc003954 実が割れて 中から黒い種が覗いていました。

秋がどんどん深まってきています。。。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

金色の花 ❀

Dsc003441 昨日は夕方チラッと 西の空が黄金色に染まりました。

やっとコチラも昼間は、秋らしい青い空が広がるようになりました。

こんな金色のお花、最近多いような気がします。

キンモクセイや 昨日のキダチチョウセンアサガオ・・・。

先日 こんな色のヒガンバナの仲間、見つけました。

Dsc002731 リコリス・オーレア    ヒガンバナ科 リコリス属(ヒガンバナ属)
ショウキランまたはショウキズイセンとも呼ばれ、
中国から渡来したものです。沖縄県にも自生地があります。
草丈40~50cm 花径20~30cm。

Dsc002732 5~10個のウエーブがかる黄金色の花を咲かせ リコリスの中では最も美しいといわれています。

 

 

 

この金色のお花は、昨日のWBC世界フライ級タイトルマッチで
初防衛を果たした、内藤大助選手に贈りたいと思います。

☆.*・((ε(*'-')_/゚・:*:・。☆【おめでとー】☆。・:*:・゚\_('-'*)з))・*.☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

トランペット協奏曲 )>ш=(^。^ )

Dsc003381_2 昨日、散歩していたらキダチチョウセンアサガオが満開のお宅を見つけました。

Dsc003392 金色の天使のトランペット、さぞかし素敵な音色を奏でるんでしょうね~ξ^▽^*ξ

Dsc002493 先日、三茶まで行った時にも 同じ花を見ましたがその時はおもしろい形の蕾がたくさんついていました。
ちょっとバナナみたい・・・。
先のほうから にゅる~っと出てきて咲くんですねー!すごいねぇ!<(゚∇゚;)>
白やピンクの花も咲きます。

キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)  ナス科 チョウセンアサガオ属
南アメリカ、ブラジルの南東部が原産です。
現在では、中・南アメリカやフロリダ州、それにわが国の暖地でも植栽されています。高さは1.8~4.5メートルになり、よく分枝します。葉は大きな卵形で、花はトランペット形で白く、長さは30センチほどになります。夏から寒くなるまで咲き続けます。花冠は5裂し、先端が反り返ります。黄色やピンク色の花色もあります。
別名で オオバナチョウセンアサガオ(大花朝鮮朝顔)  エンジェルズトランペットとも呼ばれます。

学名は Datura suaveolens(syn. Brugmansia suaveolens)
英名は Angel's trumpet

この日は、同じナス科でやっぱり大きな花が咲く、ケチョウセンアサガオにも会いました。

Dsc002271 コチラは白い花で 蕾はやっぱり長細いですね。
キダチのほうは 上から垂れ下がって咲きますが (笑)のほうは 上を向いて咲いています。

Dsc002202 誰かいたずらしたのか、蕾が途中で切ってあって
中が覗けました。空っぽでしたが・・・・。

Dscf44113 コチラも先のほうからにゅる~(^。^;; って出てくるみたい・・・。(これだけは去年の写真です)

Dsc002224 実の形がとっても面白いです。
トゲトゲでなんだか爆発直前の時限爆弾みたいです。
花は上向きに咲くのに 実は下向きに生るんですね。。。ナルホドォ~(。・_・。ゞ

Dsc002265 で、茶色いのが爆発後です。
バァーーーーン!!って感じ!? O(*≧◇≦)Oキャー!

 

 

 

ケチョウセンアサガオ(毛朝鮮朝顔)  ナス科 チョウセンアサガオ属
北アメリカが原産の一年草で、わが国へは明治時代以降に観賞用として導入されました。現在では各地に帰化し、道ばたなどに生えます。
高さは1メートル以上になり、全体に軟毛が密生します。
花期は8月から9月ごろで「エンジェルズ・トランペット」が垂れ下がるように咲くのと異なり、花が上向きに咲きます。
果実は蒴果で、多くの棘で被われます。

学名は Datura innoxia
英名は Downy thorn apple, Sacred datura

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧